カラフルなグレーの短編日記

野生のアスペが人間社会で生きたくなったら

働き方が変わってきた… というか、もう耐えられない

どうも、間鳥(マトリ)です。

 

30代半ばにきて、いよいよ行き詰ってきた感のある、自称発達グレーです。

まともな人の要素を身につける為に、一般的なサラリーマンのような仕事ができるようになろうと、苦手なことにも取り組んできました。

でも、もうモチベーションが無くなってしまって、単純な仕事でも続けるのが辛い。単純だから詰まらなくて、辛くなる部分もありますが、常に自分から働きかけるような責任を、集団の中で持ち続けるには、体力も能力も足りないことが分かってしまった。

 

最近していた、主婦率90%のアルバイトが、仕事内容は楽なはずなのに、一日5時間でもグッタリしてしまって、出勤するのが辛かった。バイト後はカフェで放心して、糖質とりまくり。それでも謎のダメージが回復しない。

 

バイト先の人は、みんな良い人で、親切で、とくに嫌な人も変な人もいません。自分が怪しい人かもしれないけど。

土地柄、職場でも親密度が高い傾向があるので、それに慣れる機会になるかと算段したけど、それどころじゃなく、負担でした。

この年になると、集団の中でも、ある程度一人でフラフラしていられる術のようなものが身についてきます。(完全に対人対応できているわけではないです。仕事上で不都合がない程度に、人から離れるリスクと塩梅と、周りの人の認識を多少理解して、少々行動で表現できるときがあるかも?という程度)

適応を望んだけど、主婦の人(妙齢の女性たち)がこんなに密にいる環境は初めてで、気疲れしたみたいです。まだまだでした。こういう環境は無理だ…。距離が近すぎて辛い。

 

常に周りに人がいる環境よりは、仕事として人に対応する営業のような関わり方のほうが、精神的には楽だと感じました。実際に営業職をやっていたときは、もっとグッタリはするけれど、基本的に仕事が楽しいし、意義も(勝手に)感じて頑張っていました。目的があれば、人に関わるのが苦痛では無くなるのですね。

実際には信用が必要な営業は向いていなくて、あくまでサービスとしてのパーソナルな接客が若干できるかも、という感じでしたが。

 

最近、そういう要素のあるバイトをしたところ、割と受けが良かったので、向いているのかな…。そうでも無さそうだな…。

…で、行き詰った。

数日なら、楽しい。事務より、遥かに良いかも。でも、毎日は疲れすぎる。

 

それで、一人でできる仕事をいくつかやってみたところ、にわか自営業みたいで楽しい!楽!

そんな現状です。

 

詳細は機密だけど、次回、もう少し書きたいです。

因みに上記のアルバイトは、殆どが派遣のスポット(単発)のお仕事です。普段は倉庫や食品工場の募集が多いけど、最近は変な仕事がいくつかあったので、主婦からのリハビリも兼ねてやっていました。

急に忙しくなったので、ブログに逃げてきたというオチ。