カラフルなグレーの短編日記

野生のアスペが人間社会で生きたくなったら

文章の色々

何でもいいから、文章を書く時間を増やしたかった。

 

本を読むのは好きだけど、発信したいとか、誰かと共有したいという欲求がなかったので、アウトプットしたことは、30数年で、ほとんど無かった。

 

クラウドソーシングをメインに、いくつかネット記事などを書いてみた。

何かを調べてレポートにするような記事は、苦手な気がする。文章の基本なのに、参る……。

 

仕事で、実験結果をレポートにまとめる業務はあったけど、遅いし、資料の完成形をなかなか設定できないし、他の業務に追われて、中途半端に手をつけては、溜めていた。

 

ネット記事は、一人で集中できるので、完成はさせられるけど、遅い。

何かの説明をするとき、ネット情報だけでは根拠までたどり着けなくて、結局書店で大枠と、言葉を拾って、検索に戻るという…

検索能力の無さは、どうしたら良いの?

(興味があって、何かを知りたいときには、はてなブログにお世話になっています。

ブログにまとめてくれている人、ありがとう。感謝)

 

みんな、どうやっているんだろう。本当、苦手。

 

 

そして、作業だと、嫌になってしまう。

どう書いたら、分かりやすく伝わるか?と、表現の部分に取り掛かると、楽しいね。

 

文章を書ければ、何でも幸せというわけではないみたい。

欲しいのは、知識をまとめる能力ではなく、創作する機会なのか?

 

どちらにしろ、技術は欲しいので、もう少しやってみて、様子を見よう。